HOME>イチオシ情報>医療脱毛に使用するレーザー機器の種類やそれぞれの効果

レーザーの種類で選ぶこと

脇

医療レーザー脱毛を効果的かつ安全に行うには、スキンタイプにあった医療レーザー機器を使用する必要があります。もしもあまり適切ではないレーザーを照射して脱毛をすると、痛みや炎症ややけどといったリスクが高くなるから注意が必要です。そうしたリスクを回避するために、心斎橋でもなるべく多くの医療レーザー機器を脱毛に使ってくれる医療機関を受診することが大切です。医療レーザー脱毛をメイン看板にしている美容皮膚科やレーザークリニックなどなら、4種類以上の医療レーザー機器をその人のスキンタイプや脱毛部位によって使い分けてくれるのでおすすめです。医療レーザー脱毛に使うレーザーを大きく二つに分けると、ダイオードレーザーとアレキサンドライトレーザーです。

初心者向きのレーザー

脚

ダイオードレーザーは半導体を利用したレーザーで、毛根にあるメラニン色素に働きかける性質を持っています。高出力で一回の照射でしっかりと細胞を破壊し、ムダ毛の成長を止めて脱毛を実現します。日焼けをした肌にも照射できて痛みが少ない部類のレーザーであるため、医療レーザー脱毛ビギナー向きです。ダイオードよりもより高い効果だと心斎橋のクリニックでも定番なのが、アレキサンドライトレーザーです。アレキサンドライトレーザーはアメリカ食品医薬品局(FDA)認可の高性能な医療レーザー機器として有名です。

美肌効果もあって一石二鳥

脱毛女性

アレキサンドライトレーザーはメラニン色素にしっかりと浸透するので濃い体毛ほど効果がわかりやすいです。さらにコラーゲンの生成を促進して肌に弾力を出すという美容効果もあるレーザーなので、心斎橋では美容皮膚科の美肌治療にも採用されています。ただし日焼けをしている肌に照射するとやけどをするリスクがあるので避けることが大切です。また、色素が薄い産毛や白髪には脱毛効果はないので、その場合は同じレーザー脱毛でもダイオードレーザーを選ぶ必要があります。

広告募集中